紅白歌合戦は年末の風物詩

紅白歌合戦は年末の風物詩の一つとして古くから開催されている日本のイベントの一つでもあるのです。 この季節になると毎年行われるというのが風物詩であり、紅白歌合戦は毎年大みそかの夜に開催される年末の風物詩なのです。

因みに、紅白歌合戦と言うのは、正式にはNHK紅白歌合戦と言いますが、各放送局では対抗すべく様々なイベント企画を持つ番組を放映しているのが特徴です。 年末の夜と言うのは各局様々なイベント企画を持つ番組があり、人によっては各チャンネルを回しながら楽しむ人もいるのです。

尚、番組には視聴率というものがあります。

視聴率は、特定の家庭に対して視聴率調査を行える機械を設置し、各家庭がどのような番組を見ているのか、と言った事を調査する目的で行っているもので、視聴率が高くなるほど番組への人気度が高くなることからも、放送局でもあるテレビ局はしのぎを削るということでもあるのです。

また、この視聴率はテレビ局の成績にもつながるものであり、紅白歌合戦と言う番組の視聴率は高いと言われているのです。 しかしながら、年々視聴率は下がっているとも言われており、年末の風物詩は各局の番組に奪われつつあるとも言われています。

紅白歌合戦は、日本国内における長寿番組であるとも言います。 因みに、第一回目と言うのは1951年1月3日に開催されたもので、年末ではないのです。

また、第一回目から3回目まではテレビ放送ではなく、ラジオ放送で開催されており、テレビ放送が開始されたのは1953年12月31日に開催された第四回目からになるのです。 但し、第一回目から第三回目まではラジオ放送と同時に試験放送も行われていたと言います。

尚、2014年度で紅白歌合戦は第65回目を迎えると言う長寿番組になっており、現在では午後7時15分から午後11時45分までの番組枠が拡大されており、小さな子供なども年末の大みそかの日だけは夜遅くまで起きていても良いという暗黙の了解が取られている事も特徴でもあるのです。

因みに、紅白歌合戦は文字通り紅組と白組に分けられ、歌での勝敗を競うもので、紅組は女性チーム、白組は男性チームに分けられて歌唱力などを競い、総合得点が多い方が優勝と言うルールになっているのです。 また、歌手は一人で歌う人もいればグループでの参加をする人もいるわけですが、グループの場合男性と女性が入り混じっている場合などでは、紅組か白組かのいずれかのチームに分けられて参加するのが特徴なのです。

ページの上部へ